季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

抗がん剤は効くの?寿命を逆に縮める?

   

kougannzai 1

癌を宣告されたら、抗がん剤治療を受けるのが当たり前になってしまって、

抗がん剤を使用しなければ早く死んでしまう と、患者は思っているんですね。

しかし、 そんな認識が一般的になってしまっているんですが、はたして本当に抗がん剤は効くんでしょうか。

今回はその点についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

[抗がん剤は効くの?]

kougannzai3

もし、あなたが癌になったら、抗がん剤を使いますか?

「医師に勧められたら使いますか?」 興味深いアンケートがあります。

医師が岩宣告を受けたら抗がん剤を使用するか?

医師271人にとったアンケートのデータがあるんです。
それによると、 医師271人中、270人が「使用しない」と答えているんです。

信じられないですね。

そして、厚生労働省保険局医療課長がびっくりする証言をしています。

「抗がん剤はいくら使っても効きません。ただ、国が認めているのは、10人に1人くらいは効いてるケースもあります」
と このような証言をしています。

ようするに、医者も国も、抗がん剤が無意味なことを知っていて、投与しまくっているということです。

恐ろしいです!

それではなんで抗がん剤を使うのか?

お金になるからです!

知ってますか、抗がん剤1g70万円です。
これは、麻薬よりも儲かる魔法の薬なんですね。

ですから、医療機関は使いたくてたまりません。

スポンサードリンク

抗がん剤を使って癌が治るのであれば、お金うんぬんではなく、
多少高くても人間である以上、なんとかしてお金をつくり、
抗がん剤を打ってくれと、頼むでしょう。

[寿命を逆に縮める?]

kougannzai4

しかし、 恐ろしいことに、真実はまったく逆!
抗がん剤は、猛毒成分でできていて、全身の臓器、細胞組織を破壊します。

ようするに、使用すれば寿命を縮めるわけです。
癌は治らない可能性が高い病気なのです。

しかし、人間いざ死を宣告されたら、
1日でも長く生きたいという 願望がでてきて、
最後の手段として抗がん剤をお願いするんです。

ある有名K大学病院の教授が言ってました。
「癌になったら、抗がん剤はうつな!」と。……..

またある有名大学の医師も禁断のタブーを破って語っています。

効かない抗がん剤を患者に投与しなければならない理由の
答えは簡単らしく、病院も経営していかなければなりません。

赤字経営にはできません。 儲かる方法をとるようなんです。

[抗がん剤の効き目は?]

kougannzai2

副作用が強く、科学的な効き目が低いようです。
そして、副作用のつらさは、耐え難いほどの倦怠感や吐き気、脱毛など、
一般的によく言われている通りのようです。

臨床試験の段階では、20%の患者にがんの縮小が認められたようですが、
患者が苦しみ耐えても,たった20%の人にしか効果がなく、
しかも癌細胞が無くなるのではなく、小さくなるだけのようなんです。

この医師には癌に対してのつらい思い出があるようなんです。

医師の両親を癌で亡くした体験も、大きく心に残っているようです。

医師の父は肺がんはステージ3のようでしたが、
転移がなかったとのことで、すぐに死ぬほどではなかったようです。

しかし、抗がん剤の投与を始めたら、たった2週間で亡くなったようなんです。
そして不幸なことに、その1カ月後、今度はお母様の大腸がんが見つかったようです。

大腸全摘出手術をしたあとは、抗がん剤を使用せずに漢方にしたようです。
有難いことに、お兄さんが薬剤師でしたので、癌の症状を和らげる処方をして、
医師が予告した余命を越えて、しばらく元気で過ごしていたようです。

[抗がん剤を使用しない治療は?]

糖ゼロ食事  ビタミンC投与のようです。

もし、あなたが癌の宣告を受けたらどのようにしますか。

医師は、「抗がん剤の限界」を知っていて、
知らないのは、患者だけです。

スポンサードリンク

 - 病気 ,