季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

おりものの臭いが強い?子宮頸がんの進行?若い世代に多い?

      2016/01/26

orimono1

がんというのは初期段階ではほとんど症状が出ないんですね。

体に異変を感じてからでは進行しているケースがほとんどなんです。

「子宮頸がん」も初期の「子宮頸がん」はほとんど症状が出ないのが特徴ですが、

進行するとどのような症状が出るのでしょうか。

今回は「子宮頸がん」についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

[おりものの臭いが強い?]

orimono2

[症状]

● セックスの時に出血がある

● 茶褐色や黒褐色のおりものが混じる

● 水のような粘り気のあるおりものの増大

● おりものの匂いが強い

● 生理の時以外にも出血がある

● 下腹部や腰、背骨、足に痛みが生じる

スポンサードリンク

このような症状が表れたら要注意が必要です。

婦人科で検査を受けることをお薦めします。

[子宮頸がんの進行は?]

がん細胞の増加はゆっくり進んで、正常な細胞ががんになるのに

5~10年以上かかるといわれています。

子宮頸がんの発症は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因です。

ウイルスが体から出て行かなく、感染が継続していると、がんになる過程の異常(異形成)をつくり、

さらにその状態が進行すると、「子宮頸がん」を発症してしまう場合もあります。

[若い世代に多い?]

sikyuugann1

20代、30代の女性が患うがんの中で最も多いのが「子宮頸がん」です。

HPVは性交渉が主として感染経路となっていて、年齢に左右されず、

セックスの経験がある女性なら誰でも感染する可能性が大です。

コンドームの使用で発症のリスクが下がるという発表もあるようなので、

自分の体を防御するためにも、セックスに対する意識を高めたいですね。

「子宮頸がん」が多く見られるのは、子宮頸部の入り口付近である外子宮口の部位です。

そのため、定期的に検診を受ければ、がんになる前に見つけることが可能です。

ですから、一年に一度は定期健診をお薦めします。

スポンサードリンク

 - 女性の悩み ,