季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

主人に内緒で借金して返済できない!誰に相談したら良い?

   

syufu 5

よく耳にすることなんですが、ご主人に内緒で奥さんがカードで欲しいものを買ったりして、
いざ支払いの期日がきたら、残高不足。

そうして、消費者金融のお世話になるという場合が多いんですね。
消費者金融にお世話になっても金利を払わなければなりませんね。

こうして次から次へと泥沼にはまり、返済不可能の状態になっていくケースが多いんです。
しかし、放っておくわけにはいきませんね。

今回はこれらの解決方法などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

主人に内緒で借金

御主人に内緒でカードなどでいろいろなものを買い込んで、返済に困ってしまった、という状況に陥り、
一人悩んでいる方がいますが、悩んでいても解決の糸口がみつかりませんよ。

syufu3

まずは、誰かに相談してみましょう。

一人で悩んでいるのは、精神的にとてもつらいと思います。あなたの一番信頼できる身近な人に打ち明けることが先決です。
手を差し伸べてくれる人はあなたの近くにいるんではないでしょうか。

誰かに話すことによって、自分自身では思いつかなかった、違ったものの見方や解決方法が見つかるかもしれません。
もしかしたら、解決の糸口が見つかって、精神的に楽になるかもしれません。

すぐに自分の借金の悩み事が話せられないのであれば、雑談から入っていけば気持ち的に楽に話せるようになります。
また、悩みをすべて話す必要なんかありません。あなたが話したい部分だけ、話してみるのも良いと思います。

とりあえずは、あなたの気持ちを身近な信用できる誰かに相談してみましょう。

人生の危機的状況 

[借金 ] 

主人に内緒で作ってしまった借金が、返済不可能になってしまった……

可能ならば誰にも知られずに、どうにかしたい ……

カードで買い物をしすぎたり、ローンの返済や子供の入学金の支払い時期がたまたま重なり、
その場しのぎで、消費者金融からお金を借りたが、お金を返せなくなった……

スポンサードリンク

[多重債務]

このように借金問題で面倒なのが、「多重債務」なんです。
返済が滞ってしまうと、業者から催促の電話や手紙が届くようになります。

家族に知られたくないことや、催促がウンザリするという気持ちから、他の金融機関で借金を重ねて、
雪だるま式に借金がふくらんで、最後には自転車操業になってしまうのが多重債務の恐ろしさなんです。  

借入件数が増えるにつれて、金利も膨らんできて、自分が一体いくら借金をしているかもわからなくなってきてしまうんです。
このようなドロ沼に落ちないためにも、返済が無理だと感じたら、すぐ専門家に相談してください。 

返済に無理がある場合は、法的に借金を見直す「債務整理」が必要になります。

誰に相談したら良いか

syufu4

このような手続きを扱うのは基本的に弁護士ですが、借金の総額によっては、「司法書士」が解決してくれることもあります。  

原則として、月々の返済額を減らしたり、金利(遅延金の支払い)を減免してくれるように金融業者と交渉する「任意整理」を司法書士は交渉することができます。

弁護士や司法書士に債務整理をお願いすると、金融業者へ連絡が入り、債務者への取り立てがストップします。
早ければ翌日、遅くとも1週間以内には連絡してくれます。

督促の連絡がこなくなるだけでも、気持ちがかなり楽になると思います。
これは あくまでも、借金を返済しやすくする方法の一つです。

返済額が多く難しい場合は

syufu6

任意整理では追いつかないほど借金の額が多く、今持っている財産や収入の実情からみても、返済はどう考えてもできないというケースもでてきます。
その状況を裁判所に認めてもらうことで、借金の支払い義務を免れる制度が「自己破産」です。  

「自己破産」は地方裁判所に申し立てをする義務があり、裁判所に必要書類を準備するまでは司法書士も引き受けられますが、
個人で事業を行っている場合などは、弁護士に依頼するほうが良いかもしれません。

自己破産をすると、借金が帳消しになりますが、自分名義の不動産や車などの財産を処分しなければなりません。
そして、保証人にも連絡がはいるので、人に知られないで手続きを進めていくのは不可能になります。  

こういう場合に陥ったときは、御主人にはすべて打ち明けて、協力してもらいましょう。
いきなり借金の総額を話すより、専門家に相談した内容を話すほうが、冷静に話し合いができると思います。

専門家に依頼するお金がない場合

多額の借金を抱えていると、専門家にお願いするお金もないと、思い込んでしまうんです。

しかし、専門家への相談料や報酬を支払うお金がない場合、法テラス(日本司法支援センター)の民事法律扶助制度で報酬や裁判の費用の立て替えをしてもらうことができます。
生活保護を受けていると、費用が免除になることもあるんです。  

借金問題の解決には、いろいろな解決策があります。
一人で悩んでいないで、相談してみてください。
必ず解決策が見つかります。

スポンサードリンク

 - 女性の悩み ,