季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

ハーブ ローズヒップってなに?効果は?飲み方は?

   

ro-zu

ハーブには多種多様な品種がありますね。

それぞれのハーブには健康に良い成分が含まれていて、からだを助けてくれます。

その中でも特に健康、病気、お肌に良いと言われているハーブがあります。

それがローズヒップなんです。

今回はこの最強のハーブ、ローズヒップについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

■ローズヒップってなに?

ローズヒップはドッグローズの実から取れるハーブです。

ビタミンA、B、C、D、E、Kなど、いろいろなビタミンを含み、「ビタミンの爆弾」とも呼ばれています。

その中でも、ローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれています。

ローズヒップのビタミンC含有量は、レモンの約10~20倍と言われています。

■効果は?

アルコールを飲みすぎる人、ストレスをためやすい人、紫外線を浴びやすい人は、ビタミンCの消費量が多いです。
消費し過ぎたビタミンCを摂取するためにも、ローズヒップティーを飲むようにすると良いですね。

また、ローズヒップは、メラニン色素の生成を防ぎ、しみの予防にも役立ちます。
コラーゲンの生成を促し、肌の弾力を保ち、美肌、美白効果をもたらしてくれます。

ローズヒップティーは、甘い香りで、ほどよい酸味があります。
夏の水分補給にはぴったりですね。

ただ、長期、過剰に飲み続けると、お腹を下してしまうおそれがあります。 飲み過ぎには注意しましょう。

■飲み方は?

ローズヒップティーの美味しい飲み方をご紹介します。

スポンサードリンク

[ローズヒップティーのはちみつレモン]

ローズヒップとレモンの酸味がさわやかな飲み物です。

[材料]

ローズヒップティーパック1個、熱湯適量、はちみつレモン漬け

[作り方]

1)はじめにはちみつレモン漬けを作ります。 キレイに洗った国産レモンを輪切りにしてはちみつにつけます。

ビンに入れて時々ふりましょう。 出来上がったはちみつレモンは、冷蔵庫で保存してください。

2)カップにローズヒップティーのティーパックとお湯を注ぎます。

3)はちみつレモン漬けの輪切りと漬け汁をお好みで加えて、できあがり。

ミントを加えるといっそう綺麗になります。

(イチゴ&ローズヒップのジャム)

栄養豊富なローズヒップを身ごと食べられるジャムです。
イチゴジャムのなかに入れれば、いっそう美味しく食べられます。

ビタミンCが豊富なので、朝食のパンに付けて食べるようにすれば、紫外線予防対策にもなりますね。

(材料)

イチゴ270g、はちみつ270g、レモン果汁大さじ1、乾燥ローズヒップ(ローズヒップティーのティーパックでも可)

(作り方)

1)イチゴはヘタを取ってシリコン鍋に入れ、はちみつとレモン果汁を加えます。

2)フタをして500Wで約4分間、レンジで温めます。

3)はちみつが解けてゆるくなるので、一度かき混ぜます。

4)フタをしないで再び500W、10分間、レンジで温めます。

5)一度取出し、混ぜ合わせます。 イチゴをフォークなどでざっくりかき混ぜましょう。

果肉っぽさを残したい場合は、潰しすぎないように注意です。

6)再びフタをしないで500W、10分間レンジで温めます。

7)熱いうちにローズヒップを入れて混ぜ、果肉をフォークなどで崩します。

8)ある程度冷まして熱がさめたら、、ビンに移して冷蔵庫保存します。

ビタミンCたっぷりの、おいしいジャムのできあがりです!

ローズヒップには体に良い成分がたくさん含んでいます。
健康のためにもおすすめしたいハーブの一つです。

スポンサードリンク

 - 健康 ,