季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

しみやしわのスキンケア予防は?ホルモンとの関係は?

   

deutschefrau

歳月の流れと共に、人間の皮膚には、しみやしわが多くなっていくものですね。

しかし、加齢によるものだけでなく、ホルモンのバランスや、健康、肌の水分不足、紫外線の照射など、

ありとあらゆる要素がかかわっているんです。

スキンケアをすることによって、しみやしわの予防の対策になります。

今回は、しみやしわとホルモンの関係などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

しみやしわのスキンケア予防は

自分の肌のタイプと相性の良いスキンケアをすることで、

お肌の健康が維持できるようになります。

皮膚が紫外線にさらされると、乾燥が進んで、日焼けでしみができやすくなってしまいます。

皮膚のしみや、日焼けの原因となるメラニン色素は、紫外線の作用によって増加していきます。

biyousapurimennto

日焼けは、肌でつくられたメラニン色素が排出しきれないためなんです。

お肌が紫外線にさらされないように気をつけることでも、しみやしわの予防をすることが可能なんです。

細かなちりめんじわができるのは、角質層が乾燥気味になっているからなんです。

そういう場合には、たっぷりと化粧水を使って水分を与えてください。

こじわが進行すると、しわはどんどん多くなっていきます。

ストレスを解消し、健康に良い生活、食事をし、小じわへのケアもしっかりすることが、

しわ予防に効果的です。

肌を十分に保湿し、スキンケアを怠らないことで、しみやしわができかけても、

美肌に戻せる可能性はあります。

しみやしわとホルモンの関係は

kannsou1

女性ホルモンの偏りによって、しみやしわが多くなってしまうというケースも少なくないんです。

気づかないうちに、女性は女性ホルモンの作用と深く関わっています。

女性ホルモンは、大別するとプロゲステロンと、エストロゲンがあります。

お肌の状態に深く関与しているのは、このうちエステロゲンというホルモンです。

これらの女性ホルモンの分泌量によって、肌が乾燥しやすくなったり、

にきびが増加することがあります。

加齢によってできる女性の肝斑というしみは、女性ホルモンがその原因です。

スポンサードリンク

よく妊娠中の女性や、生理不順の女性に多く見られる症状で、

右と左に同じ形状のしみができるという特性があります。

妊娠中にシミができやすかったり、シミが濃くなったりするのは、

言ってみればホルモンバランスの乱れによって、メラノサイト刺激ホルモンが

活性化しやすいからなんです。

女性ホルモンが正常に機能しているかどうか知りたい場合は、

低体温期と、高体温期が規則的に来ているかを調べてみてください。

もしも、しみの原因がホルモンの乱れなら、ホルモンバランスを整えることで

しみを減らすことが可能です。

ホルモンのバランスを悪くしているためにお肌が弱っている人は、

紫外線による影響も大きく受けていますので、そちらの点も注意です。

ホルモンバランスに良い食品は

大豆を原材料とした食品は、ホルモンを調節する効果があるといいます。

女性ホルモンのエストロゲンと、大豆に含まれる大豆イソフラボンはよく似ていて、

お肌に良いと言われています。

女性ホルモンはハリ、うるおいを支えている

kaoyase2

皮膚のハリと弾力性を支えているのはコラーゲンやヒアルロン酸なんです。

エストロゲンの低下とともに、これらの合成量も減っていきます。

コラーゲンは、表皮の内側にある真皮に、網の目のように張り巡らされ、肌のハリを支えています。

そのコラーゲンの網の目を埋めているのが、たっぷりと潤いを持つヒアルロン酸です。

これらが減っていくと、網目がカサつき、破れやすくなり、ハリが保てなくなって、

肌がたるんでしまうのです。

また、うるおいが失われることで、乾燥による小さなシワが増えてきます。

これらの予防対策として、女性ホルモンの低下を食い止めて、不調から助けてくれるものがあるんです。

何だと思いますか。

ティースプーン1杯の油なんです!

料理で使う油です。

女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

しわやしみ対策に、ホルモンの働きを常にバランスよく増進するように心がけてください。

酵素数165種類の酵素ドリンク「ベルタ酵素」

スポンサードリンク

 - 美容 ,