季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

江戸川区花火大会2016年日程は?見どころは?混雑は?

      2016/06/17

edogawa5ku提供:江戸川区

お隣の千葉県市川市の「市川市民納涼花火大会」と同時開催で、もう、江戸川区の夏の風物詩になってしまいましたね。
この江戸川区花火大会は日本全国人出数第一位なんです。それだけ人気のある証拠なんです。

また、この花火大会の特徴として、花火大会開始そうそう、5秒間で1000発の花火が打ち上げられ、最初から度肝を抜かれます。
今回はこの花火大会の見どころ、混雑状況などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

2016年江戸川区花火大会日程

開催日時:2016年8月6日(土)
時間:19:15~20:30
会場:都立篠崎公園先 江戸川河川敷
打ち上げ数:約1万4000発
人出数:139万人(江戸川区側90万人、市川市側49万人)

[交通:アクセス]

● 地下鉄篠崎駅から徒歩15分、
● JR総武本線小岩駅から徒歩25分

交通規制:17:00~22:00 会場周辺車両通行止

駐車場:なし

両駅近くにコインパーキングがありますが、午前中に満車になってしまいます。
車は京葉道路脇のゴルフ場に停めている人たちが多いです。

見どころは?

edogawa4

なんといっても最初のオープニング花火ですね。
わずか5秒間でなんと1000発打ち上げられるんですから、花火大会の終わりと間違えてしまいます。

もし早く来れるようであれば出来る限り最前列中央を陣取ってください。迫力が全然違います。
この江戸川区花火大会の音楽や構成などは、鍵屋の15代目女社長が全て請け負っているんです。

綺麗さ、迫力さ、どれをとっても最高の花火大会です
約20分間隔くらいに行われる、音楽と花火のコンテストは毎年違ったアイデアで行われ、今年も楽しみですね。

※江戸の花火を発展させた立て役者は、「鍵屋」と「玉屋」の二大花火師です。

鍵屋・玉屋の時代になって、両国の川開き花火は、両国橋をはさんで上流を玉屋が下流を鍵屋が受け持つようになりました。
しかし、江戸時代から大衆から人気があったのは「玉屋」のほうなんですね。

花火の作りが派手で大衆を魅力したようです。
しかし、今では「鍵屋」が独占しているようです。

スポンサードリンク

混雑は?

edogawa6

花火大会のフィナーレは連発が続き、最後までずっと見入ってしまう素晴らしい花火大会です。
しかし、帰りの混雑のことを考えると少し早めに帰ろうかなと思っている人がいると思うんですが、

問題は帰りなんです。とにかく混みます。多分初めて来る人はこれが一番驚くのではないですか。
本当に動けない時間が3時間くらい続いて、どうしようもない状態です。

駅まで5時間かかった人もいるようで、終電に間に合わなかったようです。
あまりにも人が多すぎて。人、人、人だらけです。

帰りの篠崎駅では入場規制で長時間待つ覚悟が必要です。
ですから駅の方に行かないですこし離れたところでタクシーを拾うのも良いと思いますよ。

混雑は仕方がない!

edogawa2

混雑は仕方がないですね。都内屈指の大会ですから。
この江戸川区花火大会を一度観てしまった人は虜になってしまうようです。

それと、少しでも混雑を避けたいのであれば、市川の方が小岩より空いていて観やすい気がします。
この花火大会は河川敷が広いせいか、広々と見れるんです。
高い建物が少なくフラットで、 遠くからでも観ることができます。

屋台

edogawa3

屋台もたくさん出ていますが、並んでいて変えないくらいです。飲み物だけは駅周辺で買っていった方が良いと思います。
屋台での飲み物は高いですよ。

人出数日本一の花火大会

混雑はどうしても避けられませんね。考えてみてください。
日本一の人出数なんです。(139万人)

もう混雑は納得するしかないですね。そして、この花火を観た人たちの感想は、「すごいの一言!」「いう事は何もなし」と
それほどすごい花火大会です。

ぜひ一度自分自身でどんな花火大会なのか、体験してください。

スポンサードリンク

 - 花火大会 ,