季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

大学入学祝いのプレゼントは何が喜ぶ?お祝い金の相場は?

      2016/03/05

daigakunyuugaku2

大学の入学試験に合格し、親としてはホットしているのでは

ないでしょうか。

これからは入学式のお祝い準備がはじまりますが、

子供さんが晴れて大学生になって、親としても嬉しいものですね。

そこで、これから考えなければいけないことが、入学祝いの

プレゼントなんですね。

今回は大学生にはどのようなプレゼントが喜ばれるか、

お祝い金の相場はどのくらいなのかをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

[入学祝いのプレゼントは何が喜ぶ?]

daigakunyuuganuiwai3

大学生になると気分的に少し、大人になったような感じになるんですね。
親としてみればそういう自覚をもってもらいたいと、思いますよね。

大学生ともなると、高校生と違って一段レベルを高くして考えなければ ならないんです。

[入学祝いに一番欲しいものは?]

daigakunyuugakuiwai8
No.1  商品券・金券

No2   図書券

大学入学祝いに一番望んでいるのは、商品券か金券なんですね。
どのアンケートでもこのような結果が出ているんです。

[なぜ品物では嬉しくないのか?商品券の方が良いのか?]

daigakunyuugakuiwai4

■ 例えば、入学祝いに親からプレゼントされた高級ボールペン、時計などは、
良い物だと分かってはいても、あまり嬉しくなく、利用しなかったりするんです。

なぜなら、自分好みの高級ボールペン、時計ではなかったんですね。
勿体ないですね。

■ そして、入学後、通学にはおしゃれを気にする年頃なんです。
  洋服にもお金がかかるので 1万円でも商品券を貰えた方がいくらか嬉しいと思います。

  今の若い人達は、親が買ってきた洋服は着ないですね。センスがないと言われる。

■女の子の本音は?

女の子も自分の好みではないものを贈られるよりは、
商品券などを頂いた時の方が嬉しいようなんです。

やはり大学は私服なので、洋服代にものすごくお金がかかってしまうのです。
女の子であれば男の子と違ってなおさらです。

■ 図書券も助かるようです。1年のうちは講義もたくさん取らなければならないので、
  教科書代も馬鹿にならないようです。

大学入学は、何かと新しく物を揃えなければならないので、
お祝いを頂けるだけで本当に嬉しいようなんですが、

自分の好みではないものほど、困ることはないというのが
本音のようです。

[品物のプレゼントはダブルことがある!]

スポンサードリンク

品物でプレゼントを貰うと、本当に自分の好みがあるので、
「これ使わないな~」と思ったり、親戚などから同じようなプレゼントをもらって、
だぶってしまったり…。

daigakunyuugakuiwai9

お金か商品券でプレゼントして、それで自分の趣味にあった必要な物を買って貰えば、
かえって「これは叔父さん(叔母さん)から貰った物」として記憶に残るんではないですか。

[大学の入学祝いの相場は?]

一般的に

知人/友人関係3.000~5.000円

親戚関係5.000~10.000円

身内(両親)は10.000~30.000円

友人の子供へ贈る場合は、大学生でも5千円程が平均的ですが、

現金よりも商品券が最近好まれているようです。

[祝い金は多すぎると迷惑?]

daigakunyuugakuiwai7

大学入学祝いは、多すぎると逆に相手に迷惑になることがあるんです。
贈った入学祝いの金額が多いと、お返しの際に相手に気をつかわせてしまうんですね。

ですから、金額が多ければ良いわけじゃないです。
もちろん相手と自分の関係にもよりますけど、
多すぎる金額には注意してください。

[商品だとどんなものが喜ばれる?]

daigakunyuugakuiwai6

靴、腕時計、スーツ、定期入れ、バッグ、財布、パソコンなど

この場合は前もって本人指定の決まった商品です。

[誕生日と入学祝いを勘違い?]

daigakunyuugakuiwai5

特に女の子に多いんですが、大学入学祝いと
誕生日を一緒に考えている子が多いんですね。

例えば、ネックレスが欲しいとか、ブ
ランド物のバッグが欲しいとか、

やはり、これから大学生活が始まるのですから、
大学の勉強に必要なものをプレゼントしたいですね。
親としてもその辺は一線を引いてくださいね。

もし本人がどうしても欲しいと思うならば、
頂いた現金または商品券などで

買っても良いと思います。

…………………………………………………………………………………………………….

※小さいころから大学生になるまで子供を育て上げるという事は
大変ですよね。

一息、ついたというところではないですか。
そういう私もこのような経験をしてきました。

子供を持って初めて実感というものが沸くんですね。
大変だ、ということを。

これからがまた卒業するまで、親はヒヤヒヤするんです。
でも、子供を信じて見守ってあげてください。

スポンサードリンク

 - お祝い ,