季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

いたばし花火大会2016年日程 見どころは?屋台は?

      2016/06/18

itabasi3

毎年、8月の上旬に開催されている「いたばし花火大会」は対岸の戸田市と共同で花火大会を行っています。
戸田市側では「戸田花火大会」として開催しています。

「いたばし花火大会」の魅力はなんといっても、都内最大級の尺5寸玉(直径400m)の花火を「15万人の三本締め」の終了に合わせて夜空に打ち上げ、板橋の夜空を神秘的に描いてくれ、何とも言えない芸術そのものの花火です。

また、関東最長級のナイアガラ(700m)、ワイドスターマインなどが打ち上げられて、演出の効果が最大に発揮されている花火大会です。
そして、この「いたばし花火大会」では、10人の花火師が芸術玉を披露してくれます。

とても見る価値のある花火大会の一つです。

今回は「いたばし花火大会」についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

いたばし花火大会2016年日程

開催日時:2016年8月6日(土)

会場:荒川河川敷(荒川戸田橋陸上競技場近く)

打ち上げ時刻:19:00~20:30

打ち上げ数:12000発(戸田市合同)

人出数:52万人(戸田と合わせて約100万人)

[交通・アクセス]

・JR浮間舟渡駅下車 徒歩20分

・都営三田線 高島平駅・西台駅・蓮根駅下車 徒歩20分

(観覧場所によっては下車する駅が違ってきます)

駐車場:

駐車場は完備されていません。

車でお越しの場合は各駅のパーキングに早めに駐車してください。

見どころは?

nagaoka3

スポンサードリンク

この「いたばし花火大会」の見どころは何と言っても、日本全国から花火競技で優秀な成績を収めた花火師10人がこの「いたばし花火大会」のために芸術玉を披露してくれることです。

花火師による芸術玉は板橋の夜空を芸術そのものにしてくれるでしょう。
また、例年通りに「15万人の三本締め」の終わりに合わせて、都内でも最大の尺5寸玉(直径400m)が盛大に打ち上げられます。

そして、関東最大級のナイアガラ(700m)、5個所のそれぞれ違う場所から打ち上げられる「夜空の大万華鏡」ワイドスターマインなど
各花火が音楽と共に打ち上げられ、素晴らしい演出の構成によって、観覧者を感激させてくれます。

itabasi4

また、子供たちが喜ぶキャラクター花火も必見です。

その他にも仕掛け花火や創作花火など、見ごたえたっぷりの花火大会です。

屋台は?

itabasi1

去年から屋台の出店が規制され厳しくなり、今年はあまり屋台が見れないのではないかと思います。
しかし、道路に出なければ問題はないので屋台の人達もその辺は考えて、どこかの敷地内で屋台をだしていると思います。

私は去年、戸田側から花火大会を見たんですが、戸田側には毎年花火会場に行くまで約300件位の屋台がずら~と出ていたんです。
それが去年は80件位の屋台しか出ていませんでした。

しかも、夕方5:00頃から屋台の人達が商売を始めているんです。がっかりしましたね。
花火と屋台を楽しみにしていたんですが。

しかし、ないよりはましなので、花火を見る前に寄りました。

板橋の方もだいぶ規制が厳しくなったようです。
しかし、屋台は所々出ていると思います。

念のためにコンビニで調達していったほうがよさそうですね。

無料のおススメスポットは?

[芝生広場]

この芝生広場は打上場所からいちばん近いので迫力ある花火を見ることができます。
花火の音や花火が目の前で見られます。

最寄駅:西台駅下車 徒歩20分 
    高島平駅 徒歩25分

[野草広場]
荒川戸田橋野球場の前方になります。芝生広場の隣です。
ちょっと打ち上げ場所から離れていますが、無料会場としては混雑が比較的緩いので、ゆっくり見たい方におススメします。

最寄駅:高島平駅下車 徒歩25分

混雑は?

やはり板橋側のほうが戸田側より混雑してしまいます。板橋側で花火を良い場所で見ようと思うのでしたら、かなり早く現地に着いていなければなりません。その反対に戸田側は板橋ほどではありません。夕方頃に着いても場所を確保することができます。

どちらで観覧しますか。

この「板橋花火大会」は隅田川花火大会以上だと、いわれています。
どうか素晴らしい花火大会を楽しんでください。

スポンサードリンク

 - 花火大会 ,