季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

卵を割ったら血が混ざっていた!食べても大丈夫? 卵白のにごりは?

   

chi2卵を割ってみると、いろいろな卵を目にしますね。

きれいな卵、濁っている卵、血の付いた卵など、今までいろいろと

見てきたと思いますが、ちょっと色がおかしいと、「食べても大丈夫かな?」と

心配することもありますね。

今回は血の付いた卵は食べても大丈夫なのか、どうか、

お伝えしていきます。

スポンサードリンク

卵を割ったら血が混ざっていた!

chi1

たまに卵を割った時に卵に血の混じったものがありますが、一度は見た事があるのではないですか。
そのような時に食べようか、捨てようかと、考えてしまいますね。

実は、この血は「血卵」と呼ばれているんです。

スポンサードリンク

血卵が起こる原因は主に鶏の遺伝的な性質のもので、卵が産生されていく時に通る卵管 を通過する際に、
弱く細い血管や、傷つきやすい血管などがあると、そこから出血して卵の中に混ざってしまう場合があります。

しかし、この血が混ざった卵を食べても特別に健康を害することはありませんが、
食品衛生法によって血卵は食用不適卵として、加工や調理に適さない卵に分類されるようになってしまったんです。

食べても体には問題ありませんが、気分的にあまり良いものではありませんので、
処分するか、食べるのでしたら、血を取ってから卵を焼いて食べてください。

卵白のにごりは?

chi3

卵白はよく透明で透き通って見られますが、ときどき濁ったような卵白を見受けられます。

卵白の濁りは新鮮な証拠なんです。

産まれたての新鮮な卵は、卵白部分に二酸化炭素が多く含んでいて、温度や時間、
また周りの気圧によって少しずつ透明になっていきます。

卵黄に盛り上がりがあって、卵白もしっかりしている状態の卵白の濁りは、新鮮な証拠なので、
かえって安心して新鮮な卵を美味しく食べることができます。

スポンサードリンク

 - 食品 ,