季節のお薦め行事イベントサイト

季節の行事の疑問悩み解決サイト

デビットカード メリットは?デメリット は?お薦めは?

   

Isucc / Pixabay

クレジットカードを持ちたいけど、過去に金融事故を起こしてブラックになってしまった…

年齢制限にひっかかってしまった…

いろいろと審査されるのは好きではない…

このような悩みを持っている人にお薦めしたいのがデビットカードなんです。

では、デビットカードって一体どんなカードなのかをお伝えします。

スポンサードリンク

デビットカードって?

デビットカードとは、あなたが今、利用している銀行にある預金残高の範囲内での利用となるため、

一部のデビットカードを除けば審査なしで持つ事が可能なんです。

デビットカードは基本的に、 審査なしで発行できるカードなので、現在個人信用情報機関の信用データに、延滞や債務整理データ、また、ブラックの人でも、そういった情報とは関係なしで発行されるため、

ブラックの人でも持つ事が出来るんです。

このデビットカードは、決済方法こそ一般のクレジットカードとは異なりますが、VISAやJCBの加盟店のお店での利用が可能なんです。

デビットカードを利用するにあたっては、何かメリットがないと意味がないですよね。

でも、通常のクレジットカードの審査にパス出来ない人であれば、基本的に審査が無く,

取得できるこのデビットカードはそれだけでもうれしい気がしますが、実はその他にもメリットがあるんです。

 ■ デビットカードのメリットは?

●発行時の審査がない

通常のクレジットカード発行時に行なわれる審査がデビットカードにはありません。

審査がないという事は、基本的に15歳以上(中学生不可)の人であれば、誰でも発行可能なカードとなっています。

この審査がないという事は、信用情報に金融事故が載っている人はもとより、現在カード審査に通らなくて困っている人にとっては、とても魅力的に感じると思います。

ちなみに、ごく一部のデビットカードには発行時に簡単な審査がありますが、おおかたの人は、問題なく審査にパスします。

 ●多重債務の心配が無い

デビットカードは、前もって銀行口座にお金を入金して、その残高の範囲内での利用に限られるため、自分の口座残高以上の買い物が出来ません。

口座残高以上の買い物が出来ない以上は、カードの使い過ぎによる債務超過、多重債務の心配がありません。

●各銀行ごとにサービスがある

デビットカードは各銀行が発行しているため、通常のクレジットカードには無い付加価値があります。

例として、銀行といえば入金や出金、また振込などが行えますが、ATM利用手数料無料や振込手数料無料など、各銀行によってその回数は異なりますが、独自の付加価値サービスが付いています。

 ●ポイントサービスやキャッシュバックがある

デビットカードにも、クレジットカードと同様に、カード利用代金に対して、ポイントの付与が付いている場合があるんです。

デビットカードを使えばポイントが付与されるため、現金で買い物をするよりもお得なんです。

スポンサードリンク

また、基本的に銀行は金融業務がメインになるため、自社限定のポイントサービスを持っていない銀行もあります。そのため、こういう銀行が発行しているデビットカードには、直接銀行口座へ利用代金の数%をキャッシュバックするサービスが付いているケースもあります。

いずれにしても、デビットカードはカードの中に現金が入っているのと同じなので、買い物の時に直接現金で支払うよりも、デビットカードを使った方が得しますね。

■ デビットカードのデメリットは?

基本的に審査なしで発行されるデビットカードなんですが、得な面もあれば使い勝手の悪い面もありますので、ここからはそのデメリットについてです。

●デビットカードの選択肢が少ない

前と比較してデビットカードを発行している銀行が増えてきてはいるんですが、その数はクレジットカードとは比較にならないほど少ないです。

地方銀行から発行されているデビットカードを入れても100種類あるかないか、といった感じなので、10000種類以上あるクレジットカードと比べると1/100となっているんです。

選択肢が少ないのでその利用シーンも限られますが、しかし、たくさんの現金を持ち歩く事を考えると、安全面を考えれば、それほど苦にはならないかも知れません。

 ●預金口座の残高以上の利用が出来ない

これは当たり前の事なんですが、デビットカードは銀行口座残高の範囲内での利用に限定されるため、

残高以上の利用は出来ません。

そのため、残高以上の買い物を行おうとすると、決済エラーになってしまうため、注意が必要です。

自分の預金残高がどのくらいあるのかを把握しておきましょう。

●ポイントの還元率が低い

デビットカードにはポイントサービスが付いているものもありますが、その多くは0.5%の還元率となっていて、

一般のクレジットカードの還元率と比べるとその還元率は低くなっています。

もっとも、デビットカードはポイント還元率に重きを置いているという訳ではありませんので、

還元率が低い事は仕方ありません。

 ●デビットカードを使えるお店がクレジットカードよりも少ない

基本的に、このデビットカードはVISAやJCBなどクレジットカードのブランドが付いていれば、そのブランドを取り扱っているお店で使う事が可能です。

ただ、一部のお店ではいくらVISAやJCBなどのブランドが付いていても、クレジットカードはOKでデビットカードはNGというところがあるため、

事前にお店でカードが使えるのか?の確認は行った方が良いです。

私の経験上、大きなお店、スーパーではほとんど問題なしに使えています。

 

■お薦めのデビットカードは

これは私独自の判断なんですが、楽天デビットカードをお薦めします。

今はもうパソコン、スマホでの買い物が多いですよね。

デビットカードはいくつか所有しているんですが、一番利用しているのが楽天デビットカードなんです。

スーパーや大手家電ショップ、またネットで楽天市場などでの買い物にとても役立っています。

まず最初に行うことは、楽天銀行に口座を持つことです。

これは簡単にパソコンでもスマホでも登録できます。

楽天銀行に口座を作って、楽天のデビットカードを申請すれば、1~2週間くらいでカードが自宅に送られてきます。

楽天はいろいろなサービスを行っていますから、持っていて損はないと思いますね。

楽天銀行口座開設

 

スポンサードリンク

 - クレジットカード